« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

読・飲・見・憶・・・2016年5月

読:「項羽と劉邦 6~9(漫画)」横山光輝、「オバマの嘘を知らない日本人」日高義樹、「20世紀少年1~19(漫画)」浦沢直樹、「死神(漫画)」横山光輝、「ゴーマニズム宣言1(漫画)」小林よしのり、「織田信長 1~4(漫画)」横山光輝、「サイバラ茸1~8(漫画)」西原理恵子、「MASTER キートン(漫画) Reマスター」浦沢直樹、「団十郎の歌舞伎案内」12代目市川団十郎

Photo_4飲:黒麹さつま木挽、赤霧島、他(少なくとも焼酎3種、赤ワイン、シャンペン)は記録とらず

見:「BIRDS Ⅳ / The Wings」松田蘭子 展

憶:若冲のアゲハ・キアゲハは肩が甘い、青い鳥はオオルリ?ルリビタキ?雪の風景にも、花の風景にも

(写真上から)

ジャコウアゲハ♀(20日撮影)

コフキトンボ♀オビ型(21日)

コシアキトンボ♂(21日)

ミドリシジミ(28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大虫食 目細虫食 黄天社 鋸亀虫

5月31日 9:40 石神井公園 着 今月は飲み会で、ブログを書く時間が無く、そのため公園滞在1時間記録とらず の日が数日、ブログ記載は5日ぶり、パソコンの調子もイマイチ・・・最高気温 27.1℃ 最低15.8℃

鳥:ヒヨドリ(S)、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ(S)、おおむしくい(S)、キジバト(S)、ハシボソガラス、メジロ(S)、めぼそむしくい(S)、ドバト、(ワカケ)ホンセイインコ、カルガモⓅ、オオタカ、ムクドリ(S)、ツバメ、コゲラ、アヒル(青・白)、バン、カイツブリ

夏鳥の新顔が2種、誘致林にオオムシクイ、観音像上にメボソムシクイ(複数?)、姿はソックリ、鳴き声で識別。メボソは普通5月アタマくらいに飛来、オオムシの別名は、最後に飛来の夏鳥と・・・まぁ、カッコウが来てくれる可能性は少し残ってる?残ってテ。来月から(S:囀り)の記録はとりません

Photo_3カルガモ(写真1)今日もヒナ7羽、シッカリモノの親鳥、エライ。子供ついで、マイマイガ(写真2)やっと終齢幼虫に会えた。キシャチホコ(写真3)初対面。ホシヒメホウジャク(写真4)図鑑に載ってるのは覚えてたが、初対面、種名は今覚えました。キアシクロムネボソコメツキ(写真5)、実は、もう1種コメツキを撮影し、不明なのですが、調べてる過程でコイツの方が判明しました、初対面。ノコギリカメムシ(写真6)初対面。オオスズメバチ(写真7)、左が働き蜂(体長33ミリ位:普通のオオスズメバチ)、右がオソラク女王蜂(体長41ミリ位)、先日から女王蜂がこの場所に来てましたが、単独の写真では大きさが判らず・・・世界最大の蜂のハズ

虫など:コシアキトンボ、モノサシトンボ、オオシオカラトンボ、オオヤマトンボ、アジアイトトンボ、シオカラトンボ、ヒメジャノメ、サトキマダラヒカゲ、きしゃちほこⓅ、ヒカゲチョウ、モンシロチョウ、ジャコウアゲハ♀、マイマイガ終幼Ⓟ、ホシヒメホウジャクⓅ、アゲハⓅ、アオスジアゲハ。カツオゾウムシ、トホシテントウ、クロウリハムシ、コガタルリハムシ、ナミテントウ(2★・蛹)、キアシクロムナボソコメツキⓅ、不明コメツキⓅ。アメンボ、のこぎりかめむしⓅ、ヨコヅナサシガメ幼、ツマグロオオヨコバイ。オオスズメバチⓅ、キアシナガバチ、ナガヒラタアブⓅ、ナミハナアブ、ミカドガガンボ、マガリケムシヒキ。ササグモ、クサグモ、ゴミグモ、アズチグモ、イオウイロハシリグモ。ナメクジ(種不明)、ヒダリマキマイマイ、カナヘビ

直径約30cmタイサンボクの白い花・・・富士・箱根 見えず(12:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

団扇蜻蜒  大扁埋葬虫

5月26日 10:00 石神井公園 着 昨日より暑い、しかも蒸し暑い、湿度と虫の出現の関連?知らないので、相関関係を記録してこなかったケド・・・最高気温28.3℃ 最低19.5℃

鳥:ヒヨドリ(S)、シジュウカラ(S)、ハシブトガラス、キジバト(S)、オオタカ、コゲラ(S)、メジロ、カルガモ、アオサギ、カワウ、オナガ、ツバメ、カイツブリ、ドバト、ムクドリ、ハシボソガラス、ツミ、スズメ、アヒル(白)、ゴイサギ(成1)

昨日と同じ場所にカルガモ親子、ヒナは7羽。ツミの場所に三脚が並んで・・・昨日今日、エナガ・バンを見ない

虫など:コシアキトンボ、シオカラトンボ、うちわやんまⓅ、アジアイトトンボ、モノサシトンボ、シオヤトンボ、アオヤンマⓅ、オオシオカラトンボⓅ、モンシロチョウ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ(成・蛹)、ダイミョウセセリ、サトキマダラヒカゲ、マエアカスカシノメイガ、クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジチョウⓅ、アカボシゴマダラ、キタキチョウ、ナガサキアゲハ、コミスジ。ニイニイゼミ、アカスジキンカメムシ、アメンボ、ツマグロオオヨコバイ。オオカマキリ(卵鞘)。おおひらたしでむしⓅ、クロウリハムシ、ナミテントウ(19★2★)、トホシテントウ、ニホンケブカサルハムシ、コガタルリハムシ、オオアカマルノミハムシⓅ、シロテンハナムグリⓅ。マガリケムシヒキ、クマバチ、ヒトスジシマカ、クロセンブリ、オオスズメバチ、キイロホソガガンボ。オスグロハエトリ、アリグモ、イオウイロハシリグモ、ウズグモ、ゴミグモ。カナヘビ、アオダイショウ、ヒダリマキマイマイ。ポニーⓅ

Photo_2アオヤンマ(写真1)今季初撮影、やっと撮れました、あとはクロスジギンヤンマとギンヤンマ、しかし、今季ギンヤンマがとても少ない、ヒョウタン池の改修工事との関連?そうならチョット イラツク。ウチワヤンマ(写真2)今季初、いつもの場所、このスタイル、ヤンマで無いのがバレバレ。オオヒラタシデムシ(写真3)初対面、こんな字(見出し)になるトワ。ヒラタは人名?少しそう思っていたが、違うような?。オオアカマルノミハムシ(写真4)とても小さく、大伸ばしの画像です。シロテンハナムグリ(写真5)今季初ではありませんが、前回載せなかったノデ。ポニー(写真6)、毎年来園する?幼稚園の催し?園児の教材?。ビワ(写真7)、ハシブトガラスが黄色の大きなノヲ咥えて飛んでたので、見回したらコレ、のようです・・・私も食べてもいいのでしょうか?

ビワⓅ実る・・・富士・箱根 見えず(12:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

瑠璃小灰蝶  大銀蜘蛛

5月25日 10:00 石神井公園 着 5日ぶりの公園、風やや強い曇り空。夏鳥の通過は終わった?カッコウ・オオムシクイ お待ちしてます。最高気温24.8℃ 最低20.6℃。散歩には好日、しかし鳥・虫の出会い少なく・・・・

鳥:キジバト(S)、シジュウカラ(S)、ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、ツバメ、メジロ(S)、カルガモⓅ、カワセミⓅ、ツミ、ムクドリ、オオタカ、ドバト、ハシボソガラス、スズメ、アヒル(青・白)、ゴイサギ(成Ⓟ1幼1)

Photo今日も7羽のヒナを連れたカルガモ、普通はカラスや公園に溢れるノラネコに持ってかれる・・・・。蛾を咥えてる?それが眼にも映って?新種?カワセミ(写真1)。ヤマトシジミではありません、図鑑を細かく御覧ください、ルリシジミ(写真2)今季初。前回の記事を読んだ?この公園ノガ出てきてくれました、アカシジミ(写真3)。初めて見ました、しかし図鑑にはありません、きっとナミテントウ(写真4)違ってたら絶対教えて下さい。緑・赤以外、薄茶も居たのかクビキリギス(写真5)。ヒルガオの花の中、蜜を求めるアメリカミズアブ(写真6)だと思いますが・・・。オオシロガネグモ(写真7)今日2か所で見ましたが私には今季初

虫など:コシアキトンボ、モノサシトンボ、シオカラトンボ、オオヤマトンボ、アオモンイトトンボⓅ、アジアイトトンボ、シオヤトンボ、ギンヤンマ、ヒカゲチョウ、ヒメジャノメ、アカボシゴマダラ、ダイミョウセセリ、マエアカスカシノメイガ、サトキマダラヒカゲ、モンシロチョウ、クロアゲハ、るりしじみⓅ、アカシジミⓅ、アオスジアゲハ、コミスジ、イチモンジチョウ。ナナホシテントウ(蛹)、クビキリギスⓅ、ナミテントウ(12★Ⓟ、2★)、コガタルリハムシ、ヒメアカホシテントウ。アメンボ、ツマグロオオヨコバイ、ヨコヅナサシガメ幼、ニイニイゼミ。マガリケムシヒキ、アメリカミズアブⓅ、ミカドガガンボ、オオスズメバチ。おおしろがねぐもⓅ、イオウイロハシリグモ、ゴミグモ、クサグモ。ヒダリマキマイマイ、カナヘビ

アジサイ開花、ドクダミ八重のも満開・・・富士・箱根 見えず(12:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

黒鶫 三光鳥 塩屋蜻蛉 小蛇目

5月23日 7:20 ナイショの場所に着き、12時ころまで座って漫画を読む。周辺市のアメダスからこの場所も30℃を越えたと。電車・始発バス、40分歩いて幸せの場所に。12時ころまでは沢、その後、坂を上りチョットした尾根を15時ころまで歩く

鳥:スズメ、シジュウカラ(S)、カワラヒワ(S)、キジバト(S)、メジロ(S)、ヒヨドリ(S)、ウグイス(S)、ハシブトガラス、ガビチョウ、ムクドリ(S)、オオタカ、ツバメ、ホトトギス(S)、キビタキⓅ(S)、くろつぐみⓅ(S)、コゲラ(S)、アオゲラ、ハシボソガラス、オオルリ(S)、さんこうちょうⓅ(S)、エナガ、センダイムシクイ(S)、カワセミ、コジュケイ、ホオジロⓅ(S)、ハクセキレイ

7:25、7:50、8:07、8:12、8:15、9:30、9:40、にホイホイ付のちゃんとした囀りを確認(一度鳴くと数回連続も)。7:35には♂を視認、10:20には♀を視認、撮影したがピントが甘く大伸ばし、秋には消去します。この声が聞きたくて・・・年に一度は来ます、「グぃ・ゴぇ」だけはこの3倍くらい?

Photo_2クロツグミ♂(写真1)、去年よりも随分多い。サンコウチョウ♀(写真2)、双眼鏡で確認、480ミリレンズで撮影、1500ミリに持ち替えたが間に合わず、♂は尾と頭は見えたが体がよく見えず、モタモタしてるウチに逃げられ・・・。シオヤトンボ♀(写真3)ついでに♂(写真4)、13日付に掲載したハラビロトンボ♀は友人より、シオヤの誤認?と連絡があり、迷ってましたが、写真3の翅胸線から、シオヤの誤認だったと確認できました、記述を改めます。コジャノメ(写真5)石神井に溢れるヒメジャノメによく似てます。アカシジミ(写真6)、ヒメウラナミジャノメ(写真7)、撮影しても名前が出ませんでした、アカシジミは今年はまだ石神井では見てません。今回のチェックで「日本のチョウ」保全協会編を見てビックリ。アサマイチモンジの生息域を見て???と、いままで(今日も?)イチモンジチョウと記してきたのも誤認だったカモ???。さらに、3月末の掲載のカナヘビ、これも友人からの指摘でトカゲの誤認でした、こちらの記述はソット直しました

虫:オオシオカラトンボ、しおやとんぼⓅ、こじゃのめⓅ、不明茶線蛾Ⓟ、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリⓅ、テングチョウⓅ、アカシジミⓅ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ヒメウラナミジャノメⓅ、イチモンジチョウ、クロアゲハ、ミダレカクモンハマキⓅ、マエアカスカシノメイガ、アゲハ。クマバチ、キンケハラナガツチバチ、ホソヒラタアブ、マガリケムシヒキ、ヤマトシリアゲⓅ、コバネイナゴ幼。クロウリハムシ、トラフコメツキ。アカスジキンカメムシⓅ、アメンボ

散るエゴノキの花の木陰に4時間半、強烈な陽射しの2時間半、山々見えず(13:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

求同存異的?  淡黄燕枝尺

5月20日 10:00 石神井公園着 6日ぶり?今週飲み会3日、二日酔いが続き?読んだマンガが15冊・・・最高気温21.2℃ 最低13.8℃と散歩には絶好、夏鳥の存在感ますます無し、視察する人、健気なヒナ、イロイロありました

鳥:シジュウカラ(S)、ハシブトガラス、ヒヨドリ(S)、ムクドリ(S)、スズメ、オオタカ、オナガ、コゲラ(S)、メジロ(S)、ハシボソガラス、カルガモⓅ、キジバト(S)、カイツブリ、エナガ、カワウ、(ワカケ)ホンセイインコ、ツバメ、ドバト、アヒル(青・白)

火星からチャンと見えるなら、高さ3・4m、直径60㎝くらいの柳の幹のくぼみから巣立ち、ジャンプするヒナ→周辺の池の工事の様子→石神井公園全景→本州列島→日本→地球、と急速なズームバック画面が?。巣立ちまでをカメラで追ったらオモシロイもんになったカモ。両岸とも、日本とは少し字も違うので、こんな見出しは没有?でも、オシドリのように巣立った?と聞いたので、実際の場所を教えていただいたら(但、その方も伝聞Photo)、オシドリの巣とはチョット違うように思えて・・・

とんでもない工事の現場で安息地をみつけ、巣立ったカルガモのヒナ(写真1)、今日も7羽いました。もっとも、巣立ちは見ておらず伝聞の情報ですが・・。モノサシトンボ(写真2)♀、数匹いました。ウスキツバメエダシャク(写真3)これも数か所で、今年初。センダンヒメハマキ(写真4)初対面、体長10ミリくらい。やっと撮れましたイチモンジチョウ(写真5)。池の周りはジャコウアゲハ♀が数匹、林の中はヒメジャノメ(写真6)がタァクサン、開いて見せてくれたので・・・。クサグモ(写真7)で合ってると思うんですが、編集者の校閲ミスで図鑑の索引に載っておらず・・・

虫など:モノサシトンボⓅ、シオカラトンボ、オオヤマトンボ、コシアキトンボ、サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメⓅ、ジャコウアゲハⓅ、センダンヒメハマキⓅ、うすきつばめえだしゃくⓅ、イチモンジチョウⓅ、モンシロチョウ、アカボシゴマダラ、カラスアゲハⓅ、アオスジアゲハ、クロアゲハ。ニイニイゼミ、アメンボ、ツマグロオオヨコバイ。マガリケムシヒキ、アシブトハナアブ、ホソヒラタアブ、オオスズメバチ、キイロホソガガンボ、ミカドガガンボ、不明アブⓅ、キアシナガバチ。トホシテントウ、クロウリハムシ、ナナホシテントウ、ナミテントウ(2★)、シロテンハナムグリⓅ、ヨツボシケシキスイⓅ。マミジロハエトリ、クサグモⓅ、イオウイロハシリグモ、ゴミグモ、ワカバグモ。カナヘビ

イボタノキの白い花Ⓟ・・・富士見えず 箱根超ウッスラ(12:40)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

小鮫鶲 黒玉虫 櫟亀虫 雄黒蠅取

5月14日 9:40 石神井公園 着 風がやや強く、曇がち、昨日まで高気温が続いてきたので、私には過ごしやすいが、出て来ない?半袖で来たら、蚊に刺されて・・・最高気温24.8℃ 最低17.3℃

鳥:(ワカケ)ホンセイインコ、ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、シジュウカラ(S)、ムクドリ、オオタカ、コゲラ(S)、スズメ、メジロ(S)、こさめびたき(S)、カイツブリ、エナガ、ドバト、ハシボソガラス、アヒル(青)、カルガモ

誘致林にワカケが数羽、なんのことはナイ、こどもまつりトやらで、ひょうたん池はウルサイウルサイ、ワカケは避難したようだ。「コサメビタキが囀ってますよ・・・」と教わる、ジョッ チッ チチチチ チュ チュ 囀りは♂の叫びのハズなのに小さい声・・・もともと、私はコサメは秋にサメ・エゾとのセットで姿の差を覚えたので、春のコサメはよく知りません、今まで、春の確認はだいたい誰かに教わって・・・今日も姿を双眼鏡に入れたが、白い胸しかしアイリングの印象が薄かった。撮影できず。他の夏鳥はツバメも含め出会い無し。カルガモがどこに隠れたのかほとんど見えない

虫など:コシアキトンボ、オオヤマトンボ、アオモンイトトンボⓅ、シオカラトンボ、ヒカゲチョウ、マイマイガ幼、ヒメジャノメ、ダイミョウセセリⓅ、ルリタテハⓅ、ヤマトシジミ、アカボシゴマダラ、クロアゲハ、アゲハ、ジャコウアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジチョウ、ナガサキアゲハ、サトキマダラヒカゲⓅ、モンシロチョウ、アオスジアゲハ、キタキチョウ、コミスジ、イチモンジセセリⓅ、フトジマナミシャクⓅ。ヤツボシハムシ、サビキコリⓅ、ナナホシテントウ幼・蛹、トホシテントウ、ナミテントウ(19★・2★)、くろたまむしⓅ、ミヤマオビオオキノコムシⓅ、トラフコメツキ。くぬぎかめむしⓅ、ヨコヅナサシガメⓅ、アメンボ、アカスジキンカメムシ。ナナフシモドキ幼、オオカマキリ(卵鞘)。キイロホソガガンボ、アシブトハナアブ、ナミホシヒラタアブ、ホソヒラタアブ、キアシナガバチ、オオスズメバチ、マガリケムシヒキ。ササグモ、イオウイロハシリグモ、ワカバグモ、おすくろはえとりⓅ、ゴミグモ。カナヘビⓅ

Photoルリタテハ(写真1)図鑑によるとこんな時期にもいるミタイ。ミヤマオビオオキノコムシ(写真2)ヨツボシケシキスイだと思って帰って調べてビックリ。クロタマムシ(写真3)コメツキ関係者と思って帰宅し調べてビックリ、初対面。ヨコヅナサシガメ(写真4)今日はイッパイ居ました。クヌギカメムシ(写真5)初対面、これからもヨロシク。オスクロハエトリ(写真6)初対面、しかし図鑑を見ながら、見てみたいなァとあこがれてました、次からはピントしっかり合わせます。カナヘビ(写真7)同じ眼の高さでの対面、ガンとばすなよォー

エゴノキ満開、夏ですねェ・・・富士・箱根 見えず(12:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

里黄斑日陰  日陰蝶  姫蛇目

5月13日 10:00 石神井公園 着 2日続けて早出はシンドク・・・最高気温27.7℃ 最低15.9℃

鳥:ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、キジバト(S)、シジュウカラ(S)、ムクドリ、オナガ、メジロ(S)、ハシボソガラス、(ワカケ)ホンセイインコ、ドバト、コゲラ(S)、アオサギ、カイツブリ、カルガモ、スズメ、アヒル(青)、ツバメ

ツイニ、ついに夏鳥の囀りが聴こえない日が・・13日の金曜日・・・ツバメもボート池上空、それもかなり高いところを旋回する2羽だけ。今日のビックリはアヒル(青)が記念庭園でカルガモと休んでいて(初めて見ました)、三宝寺池に戻るため、ボート池を歩いていた私の上を樹木よりも高く飛んで行ったのを見たこと、アゼン、カメラに手も伸びず・・・まだ、向かっているサンチャンが居ることを祈って・・・

虫など:コシアキトンボ、シオカラトンボ、クロスジギンヤンマ、ギンヤンマ、アジアイトトンボ、オオヤマトンボ、さときまだらひかげⓅ、ひかげちょうⓅ、ひめじゃのめⓅ、アカボシゴマダラ、マイマイガ幼、アオスジアゲハ、イチモンジチョウ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、クロアゲハ、コミスジ、ジャコウアゲハⓅ、キタキチョウ、ナガサキアゲハ、不明ミノガ。ナナフシモドキ幼、アトジロサビカミキリⓅ、クロウリハムシ、ナナホシテントウ幼・蛹、ナミテントウ(2★)、トホシテントウⓅ、オオカマキリ(卵鞘)。 ホソヒラタアブ、マガリケムシヒキ、キンケハラナガツチバチ、キアシナガバチⓅ、オオスズメバチ。ニイニイゼミ、アメンボ、クビグロアカサシガメ。マミジロハエトリ、イオウイロハシリグモ、ゴミグモ。カナヘビ、トカゲ幼、オナジマイマイ

Photoトンボが撮れなかったので、8日に三宝寺池で撮影したシオヤトンボ(写真1)♀、実はこの日、1時間しか無く、自転車で全体を回り、サンチャンを囲んでいるカメラ群を探すが無い、あまった時間をチョロッとしてたらイマした、この日はブログも書かずサラニそれ以降、シオヤトンボが見えないので・・・ついでにもう1枚、ジャコウアゲハ(写真2)♀、これも昨日の撮影、今日のはピントがイマイチで、産みつけた卵も教えて頂き確認しました・・・後は本日撮影で、サトキマダラヒカゲ(写真3)、ヒカゲチョウ(写真4)、ヒメジャノメ(写真5)、3種揃って出てきましたどれも今年初。アトジロサビカミキリ(写真6)初対面、触角がよく見えないのですが・・・トホシテントウ(写真7)やっと成虫に会えました、今年初。アカシマサシガメ?と思ったら、アカヘリサシガメでは?と言われ、そうかァ?と帰宅し調べたら、アカシマ、しかし、サイズなどからクビグロアカサシガメだったようです、写真も撮りませんでしたが・・・

ノアザミの薄紫・・・富士は頂上だけ 箱根はウッスラ(12:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

腰空蜻蛉  鳶色角蝉

5月12日 6:00 石神井公園 着 久しぶりの来園、家の近所で電線に止まりサエズル燕を見た。今日こそイテクレヨーと祈りながら・・・最高気温28.2℃ 最低17.3℃

鳥:ハシブトガラス、シジュウカラ(S)、ヒヨドリ(S)、キジバト(S)、(ワカケ)ホンセイインコ、キビタキ(S)、ムクドリ(S)、エゾムシクイ(S)、ツバメ、アオバト、コゲラ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、エナガ、カルガモ、バン、アヒル(白)、ゴイサギ(幼1)、オナガ、メジロ(S)、ドバト、カワウ、カイツブリ、カワラヒワ(S)

大阪城公園では5日~8日にかけてサンチャンが次々と、今日あたりは石神井に・・・残念!声が無い、今日はキビタキ1か所、エゾムシクイ3か所、一瞬ヤブサメ?と思ったが、どうやらシジュウカラのヒナの声のよう、三宝寺池端を歩いてるとサクラ広場の方から「アオーオーアオー」とアオバトの声、これは囀り?図鑑には、繁殖期の♂の声という記述がひとつ、この図鑑、キジバトのデデッポッポーは囀りと記されているがアオバトはサエズリとは記していない、他の図鑑3つ見たがサエズリと書いてあるものはひとつも無かった、メボゾムシクイの囀りも聴けず、こないだ書いたのに・・・読んでナイ?

虫など:シオカラトンボ、アジアイトトンボⓅ交尾、こしあきとんぼⓅ、オオヤマトンボ、マイマイガ幼、アゲハ、コミスジ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、アカボシゴマダラⓅ、オオウンモンクチバⓅ、ジャコウアゲハⓅ、モンキアゲハ。コバネイナゴ幼Ⓟ、オオカマキリ(卵鞘)、ハラビロカマキリ(卵鞘)。ホソヒラタアブ、フタスジヒラタアブ、ナミホシヒラタアブ、オオスズメバチ、クマバチ、マガリケムシヒキ、タマヌキケンヒメバチⓅ。コガタルリハムシ、ナナホシテントウ幼、オオクシヒゲコメツキⓅ。アメンボ、とびいろつのぜみⓅ、アカスジキンカメムシⓅ。ゴミグモ、アリグモ。ヒダリマキマイマイ、トカゲ

Photoパソコン検索に時間が係り過ぎ、誤りが増えるカモ、すみません。コシアキトンボ(写真1)♂未成熟とすると、翅の模様など、適合するようです。アカボシゴマダラ(写真2)春型です。オオウンモンクチバ(写真3)今年初、種名は忘れてましたが、図鑑にあったのは覚えてました。コバネイナゴ(写真4)幼虫、触角は体長の2倍くらい、カットしました、今年初。タマヌキケンヒメバチ(写真5)初対面、図鑑のそれに一番近い、普通はそこからパソコンで画像検索で再確認しますが、こいつの関連ページは何故かすぐ立ち上がらず、今の家のパソコンだと止まった状態がとても長くなって・・・合ってるとオモイマスが違ってる可能性も、ご存じ方、教えて下さい。トビイロツノゼミ(写真6)、セミと同じカメムシ目ですが、セミよりもハゴロモに近いようです。アカスジキンカメムシ(写真7)やっと成虫に会えました

ニッコウキスゲは今頃咲くのか、ムサシノはイツだった?・・・富士キレイ 箱根もクッキリ(7:40)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

背赤角亀虫  雌白蠅取

5月7日 9:40 石神井公園 着 昨日のシゲキ!今日は?今日もニイニイゼミの声。最高気温26.7℃ 最低17.1℃

鳥:シジュウカラ(S)、ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、エゾムシクイ(S)、センダイムシクイ(S)、アオゲラ、キジバト(S)、メジロ(S)、ドバト、(ワカケ)ホンセイインコ、コゲラ、カワウ2、カルガモ、カイツブリ、ツバメ、ハシボソガラス、スズメ、ムクドリ、エナガ、バン、アヒル(青・白)、オオタカ、アオサギ

エゾムシクイの囀りは2か所から、センダイは1か所。そろそろ「チョリチョリチョリチョリ」が聴きたい・・・。「いませんねェー」「ミエネーなァ」、会う人ごとに、こんな会話。アカガシラサギは昨日、2羽で居たらしい、早く繁殖地へ行って・・したい?大陸 中国東部がメインの繁殖地と複数の図鑑に、日本では秋田、千葉と熊本で繁殖例があるらしい、子作りしながら地震後のボランティア、ならエライ!

虫など:シオカラトンボ♂、アオモンイトトンボⓅ、オオヤマトンボ、ツマグロヒョウモン♀、コミスジ、ダイミョウセセリ、ミノウスバ幼、マイマイガ幼Ⓟ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、アゲハ、ナガサキアゲハ、ヤマトシジミ、キタキチョウ、不明ミノガ、チャミノガ、オオミノガ。クロウリハムシ、ニホンケブカサルハムシ、ナナホシテントウ(幼・蛹・成)、ヤツボシハムシ。ニイニイゼミ、アカスジキンカメムシ終幼Ⓟ、チャバネアオカメムシ、ヨコヅナサシガメⓅ、キマダラカメムシ、アメンボ、せあかつのかめむしⓅ。ホソヒラタアブ、ナミホシヒラタアブ、アシブトハナアブ、フタスジヒラタアブ、マガリケムシヒキ、メスアカオオムシヒキ、キイロホソガガンボ。オオカマキリ(卵鞘)、ハラビロカマキリ(卵鞘)。ネコハエトリ、ワカバグモ、デーニッツハエトリ、めすじろはえとりⓅ、アリグモ、ゴミグモ、ササグモ、イオウイロハシリグモ。カナヘビ、ヒダリマキマイマイ

Photo腹端(シッポの先)の白が判らず、種同定に時間を要し・・・成熟で青が白に成ることがあるらしく・・・アオモンイトトンボ(写真1)と、違ってたら教えて下さい。マイマイガ幼(写真2)これも微妙に終齢では無いミタイ、図鑑は終齢ノミ、パソコン検索で似たのを見つけたが・・・。アカスジキンカメムシ終齢幼虫(写真3)肩の白が強烈に見え、クモの巣の白線?別の模様に見え幻惑される。セアカツノカメムシ(写真4)会ったことが無いエナキモンキで無い、ただモンキだと思ってヤッタ!と思ったが、調べたらセアカツノカメムシ。シーズン始めは、忘れてるヤツ多し?認知ショ?。ヨコヅナサシガメ(写真5)成虫は今季初。メスジロハエトリ(写真6)、アズマキシダグモ?と悩みましたが・・・・

スイレン開花・・・上の方だけ白い富士ウッスラ 箱根はクッキリ(12:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

赤頭鷺 物指蜻蛉 大雀蜂  

5月6日 9:50 石神井公園 着 早朝から来たかったが、昨日の疲れ?いつもの時刻に。青空も無く、たいしたこと無さそう・・・しかし、10羽くらいのセンダイムシクイの群れに遭遇、4日にサンチャン飛来と当公園の情報、あの強い風、残念。最高気温22℃ 最低15.3℃

鳥:シジュウカラ(S)、ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、キジバト(S)、センダイムシクイⓅ(S)、エナガ、ヤブサメ(S)、コゲラ、アオゲラ、メジロ、カルガモ、オオタカ、ゴイサギ(成1幼1)、バン、ツバメ、あかがしらさぎⓅ、カイツブリ、キビタキ(S)、ドバト、(ワカケ)ホンセイインコ、ハシボソガラス、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ムクドリ(S)、カワウ、アヒル(青・白)、アオサギ

Photo_2囀りはセンダイムシクイが3か所、ヤブサメ1か所、キビタキ1か所。低い所でサエズッテ、サエズラないのも低いとこにセンダイムシクイ(写真1)頭央線も見せてくれました。さらに・・珍客が居ました夏羽のアカガシラサギ(写真2)私はこの公園では初、高ァい木のトップ、大伸ばし

待ってました!モノサシトンボ(写真3)これから増えるぞ。ヤツボシハムシ(写真4)もうひとつ下半分が黒いタイプも居ました。コアオハナムグリ(写真5)シロテン?シラホシ?1年ぶりなので、帰宅し図鑑でコアオと。クロヒラアシキバチ(写真6)初対面、ケラの仲間?これも図鑑に出ててヨカッタ。オオスズメバチ(写真7)先日からスズメバチが、写真で確認できました。気温が低い?蝶の出が悪い

虫など:アジアイトトンボ、ものさしとんぼⓅ、モンシロチョウ、ミノウスバ幼、ダイミョウセセリ、アゲハ、クロアゲハ、イチモンジセセリ、ニトベミノガ、不明ミノガ、チャミノガ、オオミノガ。クロウリハムシ、コアオハナムグリⓅ、コガタルリハムシ、トラフコメツキ、ヤツボシハムシⓅ、ナナホシテントウ(幼・成)、ナミテントウ(2★・19★)、ヒメアカホシテントウ。シマクロハバチⓅ、ホソヒラタアブⓅ、キンケハラナガツチバチⓅ、フタスジヒラタアブ、ナミホシヒラタアブ、クロヒラアシキバチⓅ、おおすずめばちⓅ、アシブトハナアブ、不明アシナガバチ、キイロホソガガンボ、マガリケムシヒキ。ホソヘリカメムシⓅ。オオカマキリ(卵鞘)、ハラビロカマキリ(卵鞘)。デーニッツハエトリⓅ、シラホシコゲチャハエトリ、アリグモ、ゴミグモ。カナヘビ

カナメモチの白い花・・・富士・箱根 見えず(12:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 谷津干潟  大潮

5月5日 9:30 谷津干潟 着 南船橋駅 南口のエレベータ、重いプロミナ入りキャスターバッグだと助かる、そのまま草原を右に、干潟に向かう、騒音も軽減、こっちのルートがいい。もっとも、5月1日に大阪城公園にサンチャン、ソロソロ石神井?気になるが、今日の観察会はもっと前から決まってたので・・・

鳥:ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、カイツブリ、キジバト、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ダイゼンⓅ、コチドリ、メダイチドリ、セイタカシギⓅ、オオソリハシシギⓅ、チュウシャクシギ、キアシシギⓅ、キョウジョシギⓅ、オバシギ、トウネン、ハマシギⓅ、コアジサシ、コゲラ、ハヤブサ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス(S)、オオヨシキリ(S)、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ

Photoハヤブサ若が飛来、勇姿はヨカッタが、鳥には脅威、皆避難、干潟は一瞬カラに。セイタカシギ(写真1)、ダイゼン(写真2手前中央、2列目左)とハマシギ(写真2のホトンド)、キョウジョシギ(写真3)、ハヤブサに驚き、集団飛行避行のオオソリハシシギ(写真4)、キアシシギ(写真5)、どれも遠く、大伸ばし、ここでもツグミは見ない

虫:アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、アゲハ、クマバチ

種不明大型トンボが飛んでた、ここでウスバキトンボをこないだ見たという方も

ハハコグサのかわいい小さな黄色アチコチに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

大葦切  黄揚羽  大名挵

5月3日 9:50 石神井公園 着 最低気温17.5℃、最高25.7℃となんとも言えない日、夏日になったが11:30ころから風が強くなり、タンポポの種が・・・。10:20に誘致林でニイニイゼミが鳴いてると気付くが、私の耳がオカシイ?虫に詳しい方に出会い確認がとれホッとするまでは、鳥の声よりセミの声でオチツカズ。囀りはアカハラとエゾムシクイ、何羽かは判らないが、一か所から。ところが新手も・・・

鳥:ヒヨドリ(S)、ムクドリ(S)、ハシブトガラス、コゲラ、シジュウカラ(S)、キジバト(S)、オオタカ、おおよしきり(S)、メジロ(S)、アカハラ(S)、エゾムシクイ(S)、カワウ、カルガモ、アオゲラ、カイツブリ、(ワカケ)ホンセイインコ、エナガ、スズメ、ハシボソガラス、ドバト、ツバメ、アヒル(白・青)、バン

夏鳥の囀りが凄く少ない、キビタキは(居るかも知らんが)地鳴きも聴こえず。今日もツグミに会えず。アオジもシロハラも囀ってから帰る、礼儀知らずのツグミの囀りは聴いた事ありません、知りません。オオヨシキリは三宝寺池・中の島南ですが、ヨシ?アシ?の中、見えず、昨年はいつ来たんだったっけ

虫など:モンシロチョウ、クロアゲハ、コミスジ、きあげはⓅ、不明ヒョウモンⓅ、だいみょうせせりⓅ、キタキチョウ、ツマトビキエダシャクⓅ、アゲハ、不明黒い蛾Ⓟ、不明ミノガ、チャミノガ、オオミノガ。フタスジヒラタアブ、ホソヒラタアブ、ナミホシヒラタアブ、ハグロケバエ、マガリケムシヒキ、ベッコウバエ、キイロコウラコマユバチⓅ、キイロホソガガンボ、クロセンブリ、不明スズメバチ、不明アシナガバチ。ナミテントウ(2★:交尾Ⓟ)、ナナホシテントウ(蛹・成)。オオカマキリ(卵鞘)、ハラビロカマキリ(卵鞘)。アカスジキンカメムシ終幼、ニイニイゼミ、ツマグロオオヨコバイ、アメンボ。デーニッツハエトリ、ネコハエトリ、マミジロハエトリ、アズマカニグモ、イオウイロハシリグモ、ゴミグモ。ヒダリマキマイマイ、カナヘビ

Photoニイニイの漢字が判らず、字余りになりそうなので見出しにしませんが・・・。ツマトビキエダシャク(写真1)どの図鑑に載ってたか忘れ、探すのに手間どる、キタテハ(写真2)私は今季初、一眼レフだったので、飛んでるトコが・・・すぐそばにヒョウモンが降りた、先日のツマグロの場所、てっきりそう思い、1コマでやめ、帰宅し図鑑で、やはりツマグロヒョウモン(写真3)と、1コマでやめたのは、先程のキアゲハにモンシロチョウが突っかかって行ったから、初めて見るバトル(写真4)、結局、場所を去ったのはキアゲハ、ダイミョウセセリ(写真5)今季初。キイロコマユバチ(写真6)触角の先が白いのが気になるが・・・別のコマユバチ?

クモの巣に張り付いたカントウタンポポ(写真7)の種・・・富士・箱根 見えず(12:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

大山蜻蛉 雲紋雀 一文字挵

5月2日 6:30 石神井公園 着 昨日くらい(夏鳥)居るなら、早朝はモットと皮算用・・・しかし6時から晴れの予報が外れ、陽射しが無い、7:30頃にやっと薄日が、でもクモリの時間が長かった、ダカラ気温も予報程上がらず・・・最高気温21.3℃、最低13.2℃

鳥:シジュウカラ(S)、ヒヨドリ(S)、コゲラ、ハシブトガラス、キジバト(S)、エゾムシクイ(S)、ハシボソガラス、アカハラ(S)、キビタキⓅ(S)、センダイムシクイ(S)、オナガ、オオタカ、カルガモ、(ワカケ)ホンセイインコ、ゴイサギ(成1幼1)、アオサギ、ツバメ、シメ、アオゲラⓅ、カイツブリ、ウグイス(S)、バン、アヒル(白・青)、カワラヒワ、メジロ(S)、スズメ(S)、カワウ、シロハラ(S)

エゾムシクイは4か所、キビタキ8か所、センダイ3か所から囀りが。ツグミが居ない、昨日も。でも昨日は日曜、Bグランドは100人を越える人々が、鳥の居場所は無い、しかし今日は無人、8時ころと11時ころに見に行ったが、ムクドリ・カワラヒワ・ツバメ、ツグミは居ない、注意してたが、他でも見ない。エゾムシクイ・センダイ・アカハラ・キビタキ(写真1)の夏鳥囀り4重奏が観音像上で。そこにアオゲラ(写真2)もピョーと鳴きながらデ5重奏、ムシクイは高い所ばかり、地味だし、アカハラは昨日掲載・・・

Photo虫の出現は順調?、早い?、皆私には今季初、さらにどれも通常サイズ、1cm以下みたいなのは今日のには居ません。羽化直後?近寄っても逃げない、オオヤマトンボ(写真3)がボート池に、前顔のアングルも撮りました、黄線は2本。ウンモンスズメ(写真4)体長7㎝位。イチモンジセセリ(写真5)♀と思うんですが・・・。ウロコアシナガグモ(写真6)と、初対面、エゾアシナガグモだったらゴメン

虫など:アジアイトトンボ、おおやまとんぼⓅ、うんもんすずめⓅ、いちもんじせせりⓅ、モンシロチョウ、アゲハ、クロアゲハ、ニトベミノガ、不明イモムシ、不明ミノガ、チャミノガ、オオミノガ。ナミテントウ(2★)、ナナホシテントウ(幼・成)、ニホンケブカサルハムシ、ヒレルクチブトゾウムシ、クロウリハムシ。キリウジガガンボ、ホソヒラタアブ、フタスジヒラタアブ、ナミホシヒラタアブ、クマバチ、スズメバチ(種不明)、アシナガバチ(種不明)、オオユスリカ、マガリケムシヒキ。チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシ終幼、ツマグロオオヨコバイ、アメンボ、ヨコヅナサシガメ幼。オオカマキリ(卵鞘)、ハラビロカマキリ(卵鞘)。イオウイロハシリグモ、アリグモ、アダンソンハエトリ、ウロコアシナガグモⓅ、アシナガグモⓅ交尾、マミジロハエトリ、ネコハエトリⓅ、ワカバグモ、ゴミグモ。オナジマイマイ

要注意外来生物のキショウブの花、ボート池に150+、恥ずかしイ・・・富士・箱根 見えず(8:20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

蝦夷虫食 塩辛蜻蛉 長崎揚羽

5月1日 10:00 石神井公園 着 早朝来園は疲れるノデ・・と雑な気持ちで来てみると・・・ソコソコ来てる、ブログを読んでるエゾムシクイもいるのカモ、冬鳥が少ないと思ったら、オオモノが・・・虫はドンドン出始めた。最高気温26.9℃、最低10.6℃

鳥:ヒヨドリ(S)、センダイムシクイ(S)、ムクドリ(S)、シジュウカラ(S)、ハシブトガラス、キジバト(S)、えぞむしくい(S)、ハシボソガラス、オオタカ、コゲラ(S)、メジロ(S)、キビタキ(S)、ウグイス(S)、アカハラⓅ(S)、カイツブリ、アオサギ、カワセミ、アオゲラ、カルガモ、(ワカケ)ホンセイインコ、ツバメ、キンクロハジロⓅ、スズメ(S)、ドバト、エナガ、アヒル(青・白)

「ヒツーキー、ヒーツーキー」のエゾムシクイの声は2か所から、センダイは8か所、キビタキは5か所から、キビタキは囀らず地鳴きを繰り返す個体も、きっと♀と勝手に推測。キンクロハジロ♀(写真1)がスイレン池に、怪我デモしてる?越夏してク?。アカハラ(写真2)の囀りが響き、センダイ・エゾと混ざる、豪華。ゴイサギが居ない、夏鳥のチュウサギも。他の夏鳥の囀りは聴けず(オオルリとキビタキの地鳴き、区別できませんが、♂の側での地鳴きだったノデ・・・)

シオカラトンボ♂(写真3)1500ミリ撮影大伸ばし、早いからシオヤ?と拡大し胸の黄色斑?有るような、無いような・・腹部先端の黒、シオカラと。ホソオビヒゲナガ(写真4)この個体、ヒゲ(触角)の長さは体長の3倍、カットしました、ヒゲナガ(髭長)という蛾です。ヤマトシジミ(写真5)撮れました、ルリでは無いと。オオオサムシ(写真6)暗いタイルの上に、黒く見え、アオオサムシじゃ無いと思いますが、暗いカラ?。ヒトリコゲチャハエトリ(写Photo_2真7)見たことないハエトリグモ、図鑑にあってホットしました。妙なヒラヒラ飛びのクロアゲハ?シッポが無く、ナガサキと

虫など:アジアイトトンボ、しおからとんぼⓅ、ヤマトシジミⓅ、クロアゲハ、アゲハ、コミスジ、ながさきあげは、モンシロチョウ、キタキチョウ、アオスジアゲハ、ニトベミノガⓅ、ホソオビヒゲナガⓅ、ミノウスバ幼、ムラサキシジミⓅ、不明ミノガ、チャミノガ、オオミノガ。ナナホシテントウ(幼・蛹・成)、ナミテントウ(2★)、ムーアシロホシテントウⓅ交尾、クロウリハムシ、ヒレルクチブトゾウムシ、トラフコメツキ、オオオサムシⓅ。チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシ終幼、アメンボ、ツマグロオオヨコバイ。ナミホシヒラタアブ、ホソヒラタアブ、フタスジヒラタアブ、マガリケムシヒキⓅ、ハグロケバイ、アシブトハナアブ、オオユスリカ、キイロホソガガンボⓅ。マミジロハエトリ、アリグモ、イオウイロハシリグモ、ササグモ、ワカバグモ、デーニッツハエトリⓅ、ヒトリコゲチャハエトリⓅ、アオダイショウ、トカゲⓅ

赤いシャクナゲきれい・・・富士・箱根 見えず(12:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読・飲・見・憶・・・2016年4月

Photo読:「残虐記」桐野夏生、「営業ものがたり」西原理恵子、「荒神」宮部みゆき、「アンダーカバー」真保裕一 、「名もなき毒」宮部みゆき、「女のいない男たち」村上春樹、「鞍馬天狗のおじさんは」嵐寛寿郎・竹中労、「項羽と劉邦(潮漫画文庫:1~6)」横山光輝

飲:黒麹 さつま木挽き

見:「特別展 黄金のアフガニスタン」。「特別企画展 バーミヤン大仏天井壁画」。「若冲展」

憶:藤の木古墳出土によく似たテベ出土の冠

写真1:ヒカゲチョウ幼(終齢では無い)
写真2:チャバネフユエダシャク幼
写真3:マガリケムシヒキ
写真4:ムーアシロホシテントウ
写真5:(ニホン)トカゲ

写真1・2は4月29日撮影、5月1日に、一緒に撮影した方から教わりました、3~5は5月1日に撮影、レイアウトを変えようか迷いましたが、パソコンの調子が悪く、削除すると、このページが5月1日の後ろになりそうなので、このままに。読み難くてスミマセン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »