« 里黄斑日陰  日陰蝶  姫蛇目 | トップページ | 求同存異的?  淡黄燕枝尺 »

2016年5月14日 (土)

小鮫鶲 黒玉虫 櫟亀虫 雄黒蠅取

5月14日 9:40 石神井公園 着 風がやや強く、曇がち、昨日まで高気温が続いてきたので、私には過ごしやすいが、出て来ない?半袖で来たら、蚊に刺されて・・・最高気温24.8℃ 最低17.3℃

鳥:(ワカケ)ホンセイインコ、ヒヨドリ(S)、ハシブトガラス、シジュウカラ(S)、ムクドリ、オオタカ、コゲラ(S)、スズメ、メジロ(S)、こさめびたき(S)、カイツブリ、エナガ、ドバト、ハシボソガラス、アヒル(青)、カルガモ

誘致林にワカケが数羽、なんのことはナイ、こどもまつりトやらで、ひょうたん池はウルサイウルサイ、ワカケは避難したようだ。「コサメビタキが囀ってますよ・・・」と教わる、ジョッ チッ チチチチ チュ チュ 囀りは♂の叫びのハズなのに小さい声・・・もともと、私はコサメは秋にサメ・エゾとのセットで姿の差を覚えたので、春のコサメはよく知りません、今まで、春の確認はだいたい誰かに教わって・・・今日も姿を双眼鏡に入れたが、白い胸しかしアイリングの印象が薄かった。撮影できず。他の夏鳥はツバメも含め出会い無し。カルガモがどこに隠れたのかほとんど見えない

虫など:コシアキトンボ、オオヤマトンボ、アオモンイトトンボⓅ、シオカラトンボ、ヒカゲチョウ、マイマイガ幼、ヒメジャノメ、ダイミョウセセリⓅ、ルリタテハⓅ、ヤマトシジミ、アカボシゴマダラ、クロアゲハ、アゲハ、ジャコウアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジチョウ、ナガサキアゲハ、サトキマダラヒカゲⓅ、モンシロチョウ、アオスジアゲハ、キタキチョウ、コミスジ、イチモンジセセリⓅ、フトジマナミシャクⓅ。ヤツボシハムシ、サビキコリⓅ、ナナホシテントウ幼・蛹、トホシテントウ、ナミテントウ(19★・2★)、くろたまむしⓅ、ミヤマオビオオキノコムシⓅ、トラフコメツキ。くぬぎかめむしⓅ、ヨコヅナサシガメⓅ、アメンボ、アカスジキンカメムシ。ナナフシモドキ幼、オオカマキリ(卵鞘)。キイロホソガガンボ、アシブトハナアブ、ナミホシヒラタアブ、ホソヒラタアブ、キアシナガバチ、オオスズメバチ、マガリケムシヒキ。ササグモ、イオウイロハシリグモ、ワカバグモ、おすくろはえとりⓅ、ゴミグモ。カナヘビⓅ

Photoルリタテハ(写真1)図鑑によるとこんな時期にもいるミタイ。ミヤマオビオオキノコムシ(写真2)ヨツボシケシキスイだと思って帰って調べてビックリ。クロタマムシ(写真3)コメツキ関係者と思って帰宅し調べてビックリ、初対面。ヨコヅナサシガメ(写真4)今日はイッパイ居ました。クヌギカメムシ(写真5)初対面、これからもヨロシク。オスクロハエトリ(写真6)初対面、しかし図鑑を見ながら、見てみたいなァとあこがれてました、次からはピントしっかり合わせます。カナヘビ(写真7)同じ眼の高さでの対面、ガンとばすなよォー

エゴノキ満開、夏ですねェ・・・富士・箱根 見えず(12:20)

|

« 里黄斑日陰  日陰蝶  姫蛇目 | トップページ | 求同存異的?  淡黄燕枝尺 »

近所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小鮫鶲 黒玉虫 櫟亀虫 雄黒蠅取:

« 里黄斑日陰  日陰蝶  姫蛇目 | トップページ | 求同存異的?  淡黄燕枝尺 »