« 鈴蜂  星三条 | トップページ | 大菩薩湖周辺 その2 »

2016年8月16日 (火)

大菩薩湖周辺 その1

8月12日 8:30頃から 13日 15:15頃まで、山梨県甲州市塩山の大菩薩湖周辺に(大菩薩峠の南西約2キロ)。標高1600m~1400mの高原で虫探し、ポケモンGOOより面白い?。毎朝、200mの高度差の道を下る、徒歩約4時間、午後は1400mのあたりで積まれている伐採木群でカミキリ探し、夜は22時まで(友人2人は23時まで)高さ3m、幅5mくらいの誘蛾灯に照らされたシートに集まる虫たちの撮影、いつもと違う場所、いつもと違う カミキリ類探し、右も左もわからず、友人頼り、帰宅してから、不明なカミキリや蛾の同定に時間がかかり・・・

Photoエグリトラカミキリ(写真1)体長12ミリくらい(触角は含みません)、翅端にトゲ、似たのが多く、基礎知識なし、撮影したのかしてないのか記憶できず・・・友人たちにはオナジミの種のようでした。シラケトラカミキリ(写真2)命名の理由はどうやら、全身に白い毛が生えてるからラシイ、図鑑にはそう書いてあるが、私には白い毛にキズカズ、体長10ミリくらい。ニイジマトラカミキリ(写真3)持参したポケット図鑑に載っておらず、友人も種名を忘れた?、知らない?、友人の知り合いの近所の昆虫館の館長に教わる、しかし、その頃には、すでに私の頭の中に、ニイジマ?どんなンだっけ?状態、体長10ミリくらい。ヤツメカミキリ(写真4)違うかも?図鑑のヤツメはキッチリ8つ、パソコンの画像検索だと、この程度のもOKと・・・しかし、パソコン検索は誤認も多いので・・・体長10ミリくらい。その後シナカミキリでは?と連絡をいただき、調べ「シナカミキリ」と訂正します。フタスジハナカミキリ(写真5)これも定番?友人は一発で「フタスジが居る」と、上翅に2本の淡褐色帯を持つ、と図鑑に、体長17ミリくらい。ハンノアオカミキリ(写真6)これも友人たちには普通種らしいが・・・体長14ミリくらい。アオカミキリモドキ(写真7)図鑑のホタルカミキリに似ており、2冊の図鑑にも載っておらず、パソコン検索でOK、友人たちのイウトオリ、ただし、どこでモドキと区別するのかは知りません、尚、体液に毒があり、潰すと皮膚炎になるので、注意と、体長13ミリくらい、誘蛾灯に来た個体

撮影したカミキリ類(50音順):アオカミキリモドキ、アカハナカミキリ、エグリトラカミキリ、ガロアケシカミキリ、キスジトラカミキリ、クワサビカミキリ、シラケトラカミキリ、ナガゴマフカミキリ、ニイジマトラカミキリ、ハンノアオカミキリ、ヒゲトラカミキリ、ヒトオビアラゲカミキリ、フタスジハナカミキリ、ホソカミキリ、ミドリカミキリ、ヤツメカミキリ(誤)→シナカミキリ、ヨコモンヒメカミキリ、ラミーカミキリ、不明カミキリ

ただし、現物・画像を私に提示されても、まだ判別できないと・・・

P.S.写真4はヤツメカミキリでなく、シナカミキリでは、とご指摘いただき、パソコン検索で確認、記述を訂正しました

|

« 鈴蜂  星三条 | トップページ | 大菩薩湖周辺 その2 »

遠隔地」カテゴリの記事

コメント

9月になって、コメントに気付きました。長い間スミマセンでした。家の図鑑には載っておらず、パソコン検索で確認できました、ブログの記述を直します

投稿: GEN | 2016年9月10日 (土) 16時10分

ヤツメメカミキリはシナカミキリだと思います。確認ください。

投稿: 高梨  | 2016年8月16日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩湖周辺 その1:

« 鈴蜂  星三条 | トップページ | 大菩薩湖周辺 その2 »