« 二点尾枝尺 梨剣紋 畑ノ馬追 | トップページ | 9月 読・飲・見・憶 »

2016年9月28日 (水)

蝦夷鶲  豆野螟蛾  大和鉤翅

9月28日 9:50 石神井公園 着 野鳥誘致林到着時、セミの声が無いのに驚く。ついにこの日が・・・?、もちろん、歩いてるうちに2種の声は確認したが・・・。実は昨日、チョットだけ時間が空いたので、ココに来たら、キビタキの地鳴き、コサメビタキ、おそらくサメビタキらしい個体、に出会う、コガモは居なかったが、モズの高鳴きが聞こえた、今日は霧雨が降るなど天気予報とは違った、その為かモズの高鳴きは聞こえず。キビタキ・コサメにも会えず、最高気温 31.1℃ 最低23.6℃、そして、こう暑いと・・・北国も暑く冬らしくならない?・・・カモの飛来は遅くなる??

鳥:ヒヨドリ、ハシブトガラス、シジュウカラ、エナガ、スズメ、コゲラ、カワセミ、コサギⓅ5、ダイサギⓅ、カワウ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、ゴイサギ(成1)、メジロ、ハシボソガラス、えぞびたき、ハクセキレイ、ムクドリ、セグロセキレイ、ドバト、アヒル(白・青)、バン

Photoエゾビタキは双眼鏡で確認するも撮れず。ダイサギ・コサギ(右:写真1)、昨日は4羽、今日は5羽コサギが三宝寺池に、昨日見なかったダイサギは1羽。ハグロトンボ(写真2)ストロボに気が回らず、逆光のママ・・・この公園、アオハダは居ないよネ?。マメノメイガ(写真3)腹側からの絵、頭が下です、葉の裏から裏へ移動することが多く、おそらく、25日も21日も見てるんですが、確認とれず、逃げられて・・・やっと撮れましたが、そういうわけで、裏の逆位置です。ヤマトカギバ(写真4)昨年6月30日に画像を掲載してました、まったく覚えてません、困った・・・。ナミテントウ(写真5)頭が白いから、図鑑を見ればスグ判る?と撮影し帰宅しましたが、出てません、もうすこし詳しい大型の図鑑を見たらナミテントウに似たのが居ました、ナミテントウが手強いのは知ってますが・・・。クマバチ(写真6)、一眼レフでないカメラだと、ハチは難しくて・・・顔から♀のようです。チャイロクチブトカメムシ(写真7)クサギ?・キマダラ?何かチョット違うようなので、撮影し図鑑で・・・初対面マチガイナシ!と茶色口太亀虫と漢字も調べました、2年前に撮影してました。物忘れ防止の意味でもブログやってるノニ、このテイタラク、で見出しはエゾにしました

虫など:オオアオイトトンボ、アキアカネ、オオシオカラトンボ、ハグロトンボⓅ、コシアキトンボ、ギンヤンマ、オオヤマトンボ、マユタテアカネ、ウスバキトンボ、チャマダラセセリ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ、キタキチョウ、アカボシゴマダラ、ムラサキシジミⓅ、不明茶色蛾Ⓟ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメ、イチモンジセセリ、まめのめいがⓅ、アオスジアゲハ、ホシホウジャク、スジグロシロチョウ、やまとかぎばⓅ、モンシロチョウ、アゲハ、クロアゲハ、ウラナミシジミ、ヒメアカタテハ、ベニシジミ、フタトガリアオイガ幼。ツクツクボウシ、アブラゼミ、ツマグロオオヨコバイ、チャイロクチブトカメムシⓅ、アカスジキンカメムシ幼。ナミテントウⓅ、アオドウガネ。オオスズメバチ、クマバチⓅ、キンケハラナガツチバチ。カネタタキ、ツヅレサセコオロギ、コバイナゴ。ジョロウグモ幼、ナガコガネグモ。カナヘビ

あチこチからキンモクセイが香り・・・富士・箱根 見えず(12:40)

|

« 二点尾枝尺 梨剣紋 畑ノ馬追 | トップページ | 9月 読・飲・見・憶 »

近所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝦夷鶲  豆野螟蛾  大和鉤翅:

« 二点尾枝尺 梨剣紋 畑ノ馬追 | トップページ | 9月 読・飲・見・憶 »